まちゅの未来日記

頑張るを応援するブログ

MENU

感情を伴った思考

【信念の芽】

f:id:Iam-matyu:20211007193700j:plain

強い信念が結びつくと物理的な実体へ

変換される。

バイタリティー溢れる思考は 行動力と

結びつき肯定的な信念と結びついた思考は

否定的な感情も潜在意識へと到達する。

それ故に人は容易に“不幸”という泥沼に

足をとられやすくなる。

ここで勘違いしてほしくないのは “不幸”

“不運” には実体がないということである。

信じればそのとおりになるという表現が

あるが不幸でも不運でもないにも関わらず

不幸な宿命を 背負っているという確信を

抱くこともある。

逆に 肯定的な思考や積極的な心構えを

持つことができれば望むような豊かさを

手に入れることができます。

願望を 手に入れたときの状態を 鮮明に

思い描くことができれば 成功への信念を

さらに強くし願望を実現するまでの過程を

可視化することで突然現れるトラブルや障害

への対処もスムーズに行うことができます。

過程と結果を同時に鮮明にイメージ

することができると自然と望ましい

過程どおりの行動を起こすようになり、

そして望ましい結果へ向けた正しい方向へ

足を運ぶようになり いつの間にか願望を

現実なものへと引き寄せていることが

できるようになります。

 

 

 

 

【信念を強化】

f:id:Iam-matyu:20211007194838j:plain

信念を強化するのは頭の中を

”積極的”肯定的”な感情で埋め尽くし

否定的な感情、マイナス思考な感情を

全て排除する必要があります。

否定的な感情について上げてみますね。

  • ・怒り
  • ・イライラ
  • ・悲しみ
  • ・罪
  • ・恥
  • ・不安(恐怖)
  • ・孤独

信念を育てる上でプラスの感情で心が

満たされた状態は理想的であり自己説得

によってさらに強力なものとなります。

 

 

 

 

 

【似た思考は引き寄せ合う】

f:id:Iam-matyu:20211007200317j:plain

人は自分の心で繰り返してきた

言葉を最終的には信じる傾向にある。

それは事実に限らず嘘であっても

自分の心で繰り返してきたことは

受け入れてしまうようになり、その人の

確信や信念に変わっていくという性質が

あるように嘘も繰り返されるうちに

自分でも本当のことのように思えて

くるのである。

行動は心のなかに意識的、無意識的に

育ててきた思考に感情が入り交じることで

決定されていきます。

イデア、計画、また願望や目標も

それらに調和した仲間を引き寄せるように

自分の信念などを強固なものにします。

願望や目標を心に定着し実現させるには

最初に願望や目標を書き出す必要が

あります。

そして思考を反復し、反復された思考は

行動を支配するようになり、自分の力を

発揮することができるだろう。

願望や目標設定をし自分の決めたルール

に従い実現への舵をきったら自信と勇気を

持って進んでいこう。

 

 

 

 

 

【否定的な思考は悲劇を生む】

f:id:Iam-matyu:20211007202602j:plain

残念なことに潜在意識は

肯定的な思考と否定的な思考を

区分けすることができない。

恐怖に基づく思考も勇気や信念に

基づく思考も同じように現実に

変えてしまいます。

良いようにも悪いようにも働きかけ

てしもうのである。言い換えると

使い方によってプラスにもマイナスにも

なるということであります。

なにかに勝つには自信が必要であって

最終的に勝利を手にするのは自分には

出来ると思っている人なのであって

強さだけではないのである。

 

 

 

 

 

【あなたの中の眠っている才能】

f:id:Iam-matyu:20211007205904j:plain

誰の心の中にも成功を実現することが

できる種子は眠っています。

その才能を引き出すことができれば

どんな目標や願望も実現することが

できます。

才能を引き出すには

  1. やることのリストをつくる。
  2. 習慣を作り生活に取り入れる。
  3. 小さなことでもやってみる。
  4. 他と比べたりしない
  5. 仲間をつくる。
  6. ネガティブな意見は聞かない
  7. 失敗してもいいから挑戦する

読んで頂きありがとうございました。

この記事を通じて自分の才能を見つめ

成功に向かって進んでいく後押しに

なれば幸いです。

f:id:Iam-matyu:20211007212529j:plain